アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
昨日の夢
友人に長谷川民也という運転手がいる。毎日14時間程、トラックを運転していて趣味などはない。それもあって一度一緒にガンプラを買った。長谷川は雑であったが30分ぐらいで作り終えた。「はじめて何かをはじめる場合、大事なのは考える事ではなく、さっさと終わらせる事の方だ」と彼は言った。

僕がまだ配達員だった頃、長谷川とレースをした事があった。50ccバイクで軽自動車を牽引しながら走るレースで、平和公園からスタートして、黄金山あたりまでの国道2号線がコースだった。ヘタにハンドルを切ると牽引用の車がぶれるので、僕はひたすら低速車線を走り、負けず嫌いの長谷川は車線変更を繰り返してリードを拡げようとした。しかし長谷川の走りは傍迷惑で、他の車両と口論になってレースはリタイアとなった。

次の年の同じ時期、長谷川はレースの再戦を申し込んできた。僕は配達の途中であったが、長谷川がせっかく牽引用の車を準備しているので断りきれず、渋々再戦を承諾した。

去年と同様、僕は低速車線を走り、長谷川は車線変更を繰り返してリードを拡げる作戦にでた。長谷川はまた他の車両と口論となった。その間に僕は長谷川を大きく引き離した。去年と似た展開になった。余裕もでたし、喉が渇いてきたのでジュースを買って飲んだ。そこで流れが変わってしまう。ジュースを飲みほすと僕は自分の向かう方向がわからなくなっていて、いつのまにか高速道路を逆走していた。

「車がぶつかったら、弁償せんといけん」と僕は思った。
とりあえずバイクを置いて車だけ2号線に戻す事にしたが、2号線に戻ると車のサイドブレーキが利かない。そうこうするうちに長谷川に追い越された。その時、長谷川は偶然僕の目の前に携帯電話を落とした。長谷川が「小さな失態がその一日の運勢を左右する」と言っていたのを思い出す。

その後、高速道路からバイクを持ち戻ると、今度はバイクが全く動かない。故障だ。こういう場合どこに連絡するのか全くわからない。長谷川の携帯電話は、僕が拾ってるので連絡できない。グーグルで検索する限り近くにガソスタもありそうにない。そういえば仕事も途中だった。

長谷川を待つしかない。
気が遠くなるとは、こういうのだと思った。
スポンサーサイト
2013-12-07 01:42 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://2ge448ru.blog65.fc2.com/tb.php/1374-346cba0d
All Rights Reserved 西野空男. Copyright (C) 2007 西野空男&高田馬場つげ義春研究会.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。