アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
忘年会
この忘年会は除夜の鐘を待つ大晦日のような忘年会だった。
僕とKさんはK氏と10歳ほど年が離れていて、K氏からK氏とH氏はさらに10歳程の年の差がある。
しかしそんな年の差を僕は感じなかったし、彼らもまたそういう風には見てなかったと思う。
M氏やS氏の参加はなかったけれど、彼らは僕より10歳程年上だ。


image.jpg
「ネットと愛国」

◆在特会の会長、櫻井誠は筑豊の生まれ。(孫正義とは近所だったそうだ。)
一度は行動を友にした人たちから在特会は保守でも右翼でもない。「在特会には思想がない」という共通の見解を示されている。

麻原彰晃もそうだ。意味づけなど自分を補強したり武装するためあっただけだ。それが宗教であったり、法律であったりする。当の本人たちも自覚しているはずで、宗教も法律も思想も外側と戦うための表面的に見繕った仮の理由なのだと思う。本当の理由は出目(生まれ)から生じた経験にあるのだと思う。

出目(生まれ)にあり、筑豊で経験したであろう語り難い個人的な体験(何処にも書いてない)が櫻井誠(在特会)の原動力となっているのだろうと思った。真実に直面した人間の行動は至って狂気を含む。



★いかに理由に整合性があろうとも、もしもその行動の原理が究極的に思想を根底にしているとするならば…その行動は陳腐と言わざるを得ない。
スポンサーサイト
2012-12-25 01:02 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://2ge448ru.blog65.fc2.com/tb.php/1311-0a22d8ef
All Rights Reserved 西野空男. Copyright (C) 2007 西野空男&高田馬場つげ義春研究会.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。