アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
夢(宇宙大戦争)
 目の前をUFOが飛んでいる。「あ、UFOだ」と周りの人が叫んでいる。…というより周りの雰囲気は僕にUFOを見せようとアピールしているようであった。僕は何か不信に思いUFOを見ないようにその場を過ぎた。
 夢の中の僕は高校生のようで、部活の子たちがコソコソと何かを話している。宇宙人の事のようだ。「あいつはどうだ」話した方がいいとか信じないとか言っている。どうも僕に宇宙人の事を話そうか話すまいか思案しているようだ。僕は聞いてないふりをした。
 帰り道にもUFOが飛んでいる。見ないようにした。家に帰るとテレビが勝手についてこれからの地球の運命が流れ始めた。すぐにテレビを消した。
 僕はテレビが勝手について地球の運命が流れはじめるので家のブレーカーを落として、家族に電気を使わないように説得する。
 「それでも電気はいる」と祖母が言い出すと、母は逆らえず電気を使う事になる。使い始めた途端、テレビから地球の運命がながれはじめる。
 その放送が終わるといろんな人がでてきて、その中の人が話し始めた。
 話している宇宙人はインベーダーでアウトベーダーという宇宙人と300年に渡って戦争しているらしい。そのアウトベーダーがもうじき地球にも攻めてくるというのだ。そのため地球人の有志たちが秘密でインベーダーに改造施術を受けて宇宙戦艦になってアウトベーダーと戦う準備をしているようだ。
 (そういえば部活で上半身と下半身が分かれてる人を見た記憶がある。僕は気のせいだと思って目をそらしていた。)
 改造手術を受けるともう人間には戻れないのだが、地球を守るためには誰かが宇宙戦艦にならなければならないそうだ。これからこの戦争は300年続くそうだ。何世代にもわたって戦争になるようだ。
 しかし本当に宇宙戦艦になる改造手術を受けるべきか疑問でしかたなかった。
インベーダーがいうようにアウトべーダーが本当にやってくるのかわからないし、インベーダーがいたからといってアウトベーダーが本当にいるとは限らない。ウソをいって地球人を宇宙戦艦に改造しているのかもしれない。
 戦争がこれから300年もつづくのなら、自分が生きている間に決着しないし、宇宙戦艦になって戦っても仕方がない気がする。
 しかし次から次へとみんな宇宙戦艦への改造手術を受けている。
スポンサーサイト
2012-10-08 04:51 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://2ge448ru.blog65.fc2.com/tb.php/1271-53a541a2
All Rights Reserved 西野空男. Copyright (C) 2007 西野空男&高田馬場つげ義春研究会.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。