アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
帰らない時間
■強制退去も一因であるが、あの時間から変化していく状況、環境が苦しくてたまらない。私の意識は絶対に未来には向かっておらず、帰るべく時へ帰りたいという帰時願望しかない。それは私の環境のみならず、私の意識の根底に根付いている。変わらない事がもっとも大切だとも思っている。どっちにしても状況は変化してしまうんだし。一般的に華やかな耳障りを残す<進化>という言葉が私の感覚では真逆の意味にしかとらえられない。変化こそが悪なのだろう。あらゆる事象に対して同じ感覚を持ってしまう。特にその変化が外部から訪れた場合、「またやりやがった。詰まらん事をはじめやがった。くだらん事を。」と独り言でブツブツ言っている。

■強制退去だと!時間は待つ事も許さないというのか!


80年代後半から90年代な感じの音って、何らかの理由があるんだろうけど、音に奥行きが感じられなくて、平面的で魅力的だ。暗い四角い箱の中にいるような感覚を感じる。どこか夜でもある。平面的である方が想像域は広い。

■最近あまり人としゃべってないんだけど、その方が自分を余計な要素が入り込まずに見つめる事ができて、心地はよい。これが大事。

「あっぱれ!ボンビー遺産」(
「銭金」(ボツ)に続いて「あっぱれ!ボンビー遺産」という番組に出てみないかという話がきていたが、途中でトンズラしました。ああいうのに出る人はあくまでウソビンボーだからね。
もしも「家賃1000円」の所に住んでいる人がいたとして、その人はビンボーとかビンボーじゃないとかのカテゴリじゃないよね。あの「ビンボーだけど夢はある」ってのもなんだかね。漫画家か!「ジャンプ」か「サンデー」か!描いてるもんが違うだろ!クズどもが!
スポンサーサイト
2012-09-21 04:50 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://2ge448ru.blog65.fc2.com/tb.php/1264-d2a53aad
All Rights Reserved 西野空男. Copyright (C) 2007 西野空男&高田馬場つげ義春研究会.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。