アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
「あなたタダで家を借りていませんか?」
今朝起きる間際の夢である。知らない人から「あなたタダで家を借りていませんか?」と問われる。知らない人は占い師とか予言者の雰囲気の人。その後すぐに目が醒めて「タダで家を借りてたら苦労はないわ」と思っていたのだが…よくよく考えると実家のすぐそばにタダ同然でだだっ広い一軒家を借りている事を思い出す。家賃は一万円でその金も現在は親が出している。

自分の意識が見ている夢なのに、自分が忘れていた事を知らない人から言われ、少しぞっとした。しかしあの知らない占い師は僕に何を言おうとしたのか?「あなたタダで家を借りていませんか?」だけではわからない。

とりあえず不気味なので、今日のアルバイトは慎重に運転した。そういえば昨日から妙に緊張していて、腹を下している。

アルバイトから帰ると大家がピンポンを鳴らした。僕は便所に入っていて中々出れなかった。

便所から出ると、大家から今年いっぱい(3月31日まで)で、この部屋を引き払うように宣告された。強震なんとかが駄目ならしくてこの家を建て替えるそうだ。もちろん建て替えた家に僕が住めるわけではないようで…立ち退かなければならない。

この事実は大変面倒くさい事実ではあるが、生死に関わる事でもなさそうだし、夢から何か言われるほど重要な事実とは思えなかった。

それともこの先(近い未来)僕の身に何かが起こるのであろうか?
できる事なら良い事実であってほしいが…「あなたタダで家を借りていませんか?」っていう質問の先にある言葉は、そういう類の事実ではない気がして不安になる。

夢の中の占い師は僕に何を言おうとしていたのだろうか?
スポンサーサイト
2012-09-19 19:12 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://2ge448ru.blog65.fc2.com/tb.php/1260-28ea04e1
All Rights Reserved 西野空男. Copyright (C) 2007 西野空男&高田馬場つげ義春研究会.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。