アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
その時代の感覚
その時代の感覚って、時代の中に閉じ込められたままのものにしか感じられない。
例えば、当時全く興味のなかった斉藤由貴。(今も興味なし)
そこには僕が感じていた当時の空気だけがある。


スケバン刑事の主題歌だった。


めぞん一刻のop曲。僕は高橋留美子が全然好きでなかった。うる星やつらもそうだが、高橋留美子の描く女の子は、僕にはどうしても男が好きになる女の子のようには思えなかった。女性の側から見た男が理想的に思う女の子なのだろう。最近はそういうものも理解したいように思えるようになってきた。


「卒業」中学3年の卒業式の後の教室。担任の先生がラジカセを持ってきてこの曲をかけはじめた。昭和最後の年。田舎の島。純粋な子も多くて、みんなボロボロ泣いていた。僕も卒業式で泣かないと冷たい人と思われるんじゃないかと思って泣いてしまった。

今日バイトにいくと同僚が突然死していた。バイトを突然休んだりするタイプの人だったが「最後まで突然休みましたね」とかブラックジョークを言ったりしていた。涙はさすがにでなかった…。





スポンサーサイト
2012-04-27 21:22 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(1)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://2ge448ru.blog65.fc2.com/tb.php/1190-5b0dabc8
まとめtyaiました【その時代の感覚】
その時代の感覚って、時代の中に閉じ込められたままのものにしか感じられない。例えば、当時全く興味のなかった斉藤由貴。(今も興味なし) そこには僕が感じていた当時の空気だけがある。スケバン刑事の主題歌だった。めぞん一刻のop曲。僕は高橋留美子が全然好きでなか?...
  • 2012/05/12(土) 01:40:04 |
  • まとめwoネタ速neo
All Rights Reserved 西野空男. Copyright (C) 2007 西野空男&高田馬場つげ義春研究会.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。