アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
Duet for Clarinet and Cello(クラリネットとチェロのための二重奏)

クラリネットとチェロのための二重奏
作曲:川勝徳重
クラリネット:法正茉莉香
チェロ:細井唯

古賀政男記念館けやきホール 2012年2月11日

■作曲したのは「架空」の漫画家でもある川勝徳重さん。天から才能を与えられて生まれてきた人である。


yamasaka6.jpg
山坂 第六号 ¥300

三好吾一、大西真人の二人が主宰する漫画出版「山坂書房」。今号はほぼ二人誌。しかしこのクオリティで300円は安すぎます。現在僕は「山坂6号」が独占禁止法(不当廉売)に抵触してるんじゃないかと調査中です。…そういう冗談はさておき「山坂」って凄い同人誌です。

収録作品
大西真人 「揺れ」
三好吾一  「ユートピア」
山坂ヨサンセン 「ア・リトル・ユーモア」

A5判54P 限定200部(No入り)


magazine01.jpg
magazineno1whole.jpg
「マガジンNo.1」¥1800

幻堂の「何の雑誌」の最新巻。「マガジンNo.1」。

執筆陣
炭子山貝十,堀道広、齋藤種魚、三本美治、顔画工房,藤本和也、関根しりもち、三澤蔵六、香山哲、市場大介、本町靭、てる君、奇桜小鉄、鈴木漁生、川崎ゆきお、中村よお、甲野酉、延命寺直美、奥成達、太郎吉野

A5判184P
なんと!豪華八大付録つき!コミックジン2冊+オリジナルCD+ステッカー、豆本2冊、缶バッジ、点取おみく詩

■内容的には怒涛の炭子山貝十特集号。(漫画と記事を合せて全体の3分の2ぐらいだと思う。)「何の雑誌」のビッグボスなかのしげる氏と執筆者の甲野酉さんは同校出身(正確には同校舎出身です。)甲野酉さんも本誌と別冊(コミックジン)合せて70pぐらい描いています。個人的には延命寺直美の漫画が独特の雰囲気をかもし出していて大変魅力的でした。僕もああいう作品を描かねばと思っています。また斎藤種魚氏の漫画には僕らしき人もでてきます。

「何の雑誌」、「山坂」ともにタコシェで販売中です。画像もタコシェから。(デジカメ紛失のため)


【注意】2月26日まで家に通信手段がありません。(ネット喫茶から)
スポンサーサイト
2012-02-12 16:28 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://2ge448ru.blog65.fc2.com/tb.php/1137-a2fb1ad5
All Rights Reserved 西野空男. Copyright (C) 2007 西野空男&高田馬場つげ義春研究会.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。