アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
記憶に残っている映像
松本清張原作「鬼畜」


「鬼畜」は小学生の頃、テレビで見た映画。相当にショックを受けて寝込んだ記憶がある。小学生だったので題名も俳優の名もわからず、断片的な映像(遊園地と町工場)と劇中で子供が歌っていたガッチャマンの歌だけが心に刺さっていた。20代の後半にレンタルビデオでたまたま借りた映画が子供の頃、トラウマになっていた「鬼畜」
だとしり、モヤモヤとしたものが取れた。今回ブログに残しておこうと思ったが、また題名を忘れてしまったが、なんとなく松本清張原作という事だけは思い出せたので、それを基にいろいろ検索してようやく思い出した。youtubeの映像を見ると、今はただただ、腹立たしい。

山田太一「早春スケッチブック 」

中学生の僕…その後の人生に何らかの影響を与えたと思われるテレビドラマ

「書を捨て町を出よう」

中学の頃、夜中にテレビを付けたら、いきなりこの映像が映って、起きてるのか夢の中なのかわからなくなった記憶がある。僕は子供の頃、夢遊病の気があったらしく、父親からタンスの引き出しを開けて小便していたとか、テレビの前に座って砂あらしを見ていたとかいう話を聞いていたので、その類の事かと思っていた。恐くなって途中でテレビを消して寝たが、翌朝、昨日の新聞のテレビ欄で確認しなおし、その映像が「書を捨て町を出よう」であった事を知った。

■これらは僕が、恐怖を感じ、潜在的に自分の中にある何か神経のようなものがピリピリした映像である。リアルに感じて直視できない。
■しかし「鬼畜」という作品が金儲けのためにつくられてるのは、今では相当にムカつく。
スポンサーサイト
2012-09-25 23:58 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
オナガ
オナガ2
「オナガ」

この光景、前にも見たことがある。
2012-09-23 23:37 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
帰らない時間
■強制退去も一因であるが、あの時間から変化していく状況、環境が苦しくてたまらない。私の意識は絶対に未来には向かっておらず、帰るべく時へ帰りたいという帰時願望しかない。それは私の環境のみならず、私の意識の根底に根付いている。変わらない事がもっとも大切だとも思っている。どっちにしても状況は変化してしまうんだし。一般的に華やかな耳障りを残す<進化>という言葉が私の感覚では真逆の意味にしかとらえられない。変化こそが悪なのだろう。あらゆる事象に対して同じ感覚を持ってしまう。特にその変化が外部から訪れた場合、「またやりやがった。詰まらん事をはじめやがった。くだらん事を。」と独り言でブツブツ言っている。

■強制退去だと!時間は待つ事も許さないというのか!


80年代後半から90年代な感じの音って、何らかの理由があるんだろうけど、音に奥行きが感じられなくて、平面的で魅力的だ。暗い四角い箱の中にいるような感覚を感じる。どこか夜でもある。平面的である方が想像域は広い。

■最近あまり人としゃべってないんだけど、その方が自分を余計な要素が入り込まずに見つめる事ができて、心地はよい。これが大事。

「あっぱれ!ボンビー遺産」(
「銭金」(ボツ)に続いて「あっぱれ!ボンビー遺産」という番組に出てみないかという話がきていたが、途中でトンズラしました。ああいうのに出る人はあくまでウソビンボーだからね。
もしも「家賃1000円」の所に住んでいる人がいたとして、その人はビンボーとかビンボーじゃないとかのカテゴリじゃないよね。あの「ビンボーだけど夢はある」ってのもなんだかね。漫画家か!「ジャンプ」か「サンデー」か!描いてるもんが違うだろ!クズどもが!
2012-09-21 04:50 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
「あなたタダで家を借りていませんか?」
今朝起きる間際の夢である。知らない人から「あなたタダで家を借りていませんか?」と問われる。知らない人は占い師とか予言者の雰囲気の人。その後すぐに目が醒めて「タダで家を借りてたら苦労はないわ」と思っていたのだが…よくよく考えると実家のすぐそばにタダ同然でだだっ広い一軒家を借りている事を思い出す。家賃は一万円でその金も現在は親が出している。

自分の意識が見ている夢なのに、自分が忘れていた事を知らない人から言われ、少しぞっとした。しかしあの知らない占い師は僕に何を言おうとしたのか?「あなたタダで家を借りていませんか?」だけではわからない。

とりあえず不気味なので、今日のアルバイトは慎重に運転した。そういえば昨日から妙に緊張していて、腹を下している。

アルバイトから帰ると大家がピンポンを鳴らした。僕は便所に入っていて中々出れなかった。

便所から出ると、大家から今年いっぱい(3月31日まで)で、この部屋を引き払うように宣告された。強震なんとかが駄目ならしくてこの家を建て替えるそうだ。もちろん建て替えた家に僕が住めるわけではないようで…立ち退かなければならない。

この事実は大変面倒くさい事実ではあるが、生死に関わる事でもなさそうだし、夢から何か言われるほど重要な事実とは思えなかった。

それともこの先(近い未来)僕の身に何かが起こるのであろうか?
できる事なら良い事実であってほしいが…「あなたタダで家を借りていませんか?」っていう質問の先にある言葉は、そういう類の事実ではない気がして不安になる。

夢の中の占い師は僕に何を言おうとしていたのだろうか?
2012-09-19 19:12 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
配達員と犬
犬と配達員
「犬と配達員」
2012-09-16 23:35 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
飼い主にほったらかされて、自分のした糞の臭いに苦しむ犬
犬
「飼い主にほったらかされて、自分のした糞の臭いに苦しむボルゾイ」西野空男
2012-09-06 00:07 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
配達員5
配達員7
配達員5
2012-09-03 22:35 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
カネタタキの鳴き声。
カネタタキ
c西野空男「カネタタキ」

夜行性。オスは、活動期前半には夜間、気温の低い秋以降は昼夜とわず、梢の中で「チッチッチッチッ」という小さな声で鳴き、この声が鉦を叩く音に似ていることが和名の由来といわれている。オス同士が近接状態になると普段と鳴き方が変わり、「チルルチルル!チルチル!チルルルルルル!」という競い鳴きをする。彼らが鳴いている場所は陰になった葉の裏側や重なった葉と葉の間など、目に付きにくいところである。


2012-09-02 23:10 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
All Rights Reserved 西野空男. Copyright (C) 2007 西野空男&高田馬場つげ義春研究会.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。