アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
めまい・昨日の夢
昨日は体調もよく、意識も相当はっきりしてるのだが、一日中めまいがしていた。
パソコンの画面が立体的に波を打っていた。

■昨日の夢
どこかの食堂。6年ぶりにXさん(女性)に会う。赤ちゃんも一緒だった。6年前に2歳か3歳の子供がいたのだがその時よりも小さくなっていた。その事を聞くとその時の子供は今は小学生で家で留守番してるとの事。連れてきた赤ちゃんは誰の子かわからない子供らしい。さらに家には双子の赤ちゃんもいるそうだ。この子たちは古着屋の奥の部屋で売られていて、安かったしかわいかったので買ったという。
「安いとかかわいいとかで…」と愚痴っていると
「本当はかわいそうだったから…」と言われ何もいえなくなった。

■高速バスの予定表を捜すがカバンの中が紙くずだらけでわからなかった。
スポンサーサイト
2012-03-30 09:07 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
ハクビシン現る
ハクビシンを見た。

久が原の住宅街でハクビシンを発見。

夕食を買って帰る途中、大型のイタチ(全長1mぐらいに感じた)が横切ったので調べてみるとハクビシンというイタチであるようだった。猫より一回り大きい感じで結構ガッチリした体つきをしていました。明日は何かいい事があるかもしれません。(ハクビシンを見るといい事があるという言い伝えはないのですが…)

ハクシビン
※画像はネットからの転用。↑こいつよりデッカイヤツでした。

うなぎいぬ
ウナギイヌの可能性もアリ!







2012-03-29 00:35 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
昨日の夢
桜の花びらが飛び散る中に

僕の死体があった。

鼻の穴の中に花びらが一杯詰まっていて不思議だった。
2012-03-28 18:09 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
御言
生まれた事に意味などないけど

死んでいく事に意味を持つ事はできる。

運命というものは決してないけど
生まれた瞬間
僕たちの能力も人格も決定している。
努力も含め最初から決定している。

その力がどれぐらいのものか知り…
何について使うか考えたり
誰のために使うか考える。

2012-03-28 03:33 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
ねぼけた人々
ねぼけた人が多い事。多い事。
ねぼけた時代だ。

目を背けざる得ない現実が大きすぎるからか…。
多すぎるからか…。

あらゆる人を否定し…
その否定はその場しのぎのもので…
その否定から人格が見えてくる事はない。

肯定するものには賛美を送るいたって単純な構造。

北朝鮮の核ミサイルがどうのこうので打ち落とすとか落とさないとかやってるが
すでにこの国は火の車…いや…放射能の車だ。

そういう現実から目をそらすためにもロケット迎撃は必要なのだろう。
これまでも、なんどとなく機会はあっただろうにこの時期にそれをやるのはそういうことだ。

もちろん自分の意思でもない。

自由の国(グル)からの命令であろう。

生きてるのか死んでるのかわからない感じでねぼけて生きるしかないのだろうか?
たしかに現実を直視したところで浮かんでくるのは【死】の一文字だけだ。

この時代に希望はない。

意味のない明るさとか根拠のない笑顔とか見せかけの元気でどうにか士気を上げるしか方法はない。

そのために敵を探して好戦的日本をアッピールする事になる。



2012-03-28 02:40 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
金 月 木
星図1_~1
昨日か一昨日。月と大きい星が一列に並んでいたのを見て、東京ではこういう風に月と星が並ぶのかと少し見とれていたが…点二つの間に三日月模様があるだけだと思うと一気に熱が醒めてしまった。二羽の鶴がハートマークを作っている写真とかと同じだ。別にそれを見たからといってどうなるわけでもない。

ひまつぶしの類である。

ひまつぶしとは自分を安全地帯に置いて興奮を楽しむ行為。
凡人共の好む行為のもっともたるものである。

礼儀として、楽しんでるフリはする。
2012-03-27 18:05 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
知らん人の歌。
原田知世「ときめきアクシデント」

男の人だと思う。
声がどうのこうのより…
原田知世への痛烈な程の愛を感じさせるカラオケだ。



2012-03-26 22:37 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
〈焼き直し〉
『女王の教室』を見て、『家政婦のミタ』は『女王の教室』の焼き直しだとわかった。
『女王の教室』の方が面白かった。

でも〈焼き直し〉をくり返して、強い作品になる。
そうやって、これまでも強い作品は生まれてきた。
それぐらいの認識は持ってなくてはならない。
エンディングは『時をかける少女』みたいだ。



2012-03-26 22:18 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
漫画について
自分の漫画は自分のための漫画である。
それ以外の理由はない。

あると考えられる理由は…すべてタテマエである。
ウソであり、方便である。

はじめから利益は想定されてないし…
最後まで利益は想定されていない。

はじめから読者は想定されてないし…
最後まで読者は想定されていない。

すきにしてゆく。

そのための労働である。
それは変換不能である。

代用品もない。

あるのはその覚悟だけ。

一緒にはされたくない。
次元の違う世界だ。
2012-03-26 02:43 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
霊界通信3
霊界通信3 ―ビートルズの悪口は言ってはならない―

つい先程の事です。自販機にジュースを買いにいくと買ってないコーラが出てきました。
CIMG0220 001
ハッピーカンというヤツでコカコーラ50周年を記念して150万名に当たる代物のようでした。
中にはバッジスピーカーというものが入っていました。
CIMG0221 002
イギリス国旗のバッジスピーカーでした。

ビートルズの悪口は書いてはいけないと思いました。

霊界で友人と思われるジョンレノンからのブラックジョークだったのかもしれません。
2012-03-25 13:48 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
クソリカ人
純粋に原発がいると思っている日本人は本当は一人もいない気がする。セイージとかビジネースとかマネーイルデースの関係でヒツヨウデースを感じているだけ。ゲンシバクダーンを落とされた国がこういうバカゲーテな事を自ら望んだりはしない。テイピイピイもフッテンマも同様。誰もノゾマーズの問題。


泊原発3号機、5月5日に停止…国内稼働ゼロも
読売新聞 3月25日(日)11時10分配信
 北海道電力が定期検査のため、運転中の泊原子力発電所(北海道泊村)3号機を5月5日に運転停止させる方針を固めたことが24日分かった。26日に東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)6号機が定期検査入りするため、関西電力大飯原発(福井県おおい町)3、4号機の再稼働が間に合わなければ、全国に54基ある原発全てが停止することになる。北電は26日にも、経済産業省原子力安全・保安院へ定期検査の申請を行う方向で調整している。北電は当初、泊原発3号機の停止時期を4月27日と設定した。

2012-03-25 12:40 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
霊界通信2
川勝徳重さんからメールが届く。

先日、ブログでぶどうジュースの話をしていましたが、
グレープ、在日ファンク、ゆらゆら帝国などの、埋め込み動画を僕が貼り付ける動画が、ことごとく、その数日前に川勝さんが聞いていた音楽だったそうです。

また、K氏が昔パヒュームのファンだったのですが…先日僕が以前かしゆかと同じ町内に住んでいた事が判明しました。昔よく冗談でK氏から「かしゆかは西野さんの後輩なので、会ったらよろしくお伝えください」と言われていました。(広島出身というのは知っていた。)

実は最近『銭形金太郎』のSPに出演する予定があったのですが…ボツられました。仮撮影までいったのですが、ネタにならないと判断されたのか、危険人物と判断されたのか、その予定がはいってから身辺整理(過去のブログの削除)をしたので意気地のない奴と判断されたのか…さだかではありませんが。『銭形金太郎』は3月28日に放送されるようです。(僕はでていませんが。)…ま、これで良かったのだと思います。僕にとって全くこだわりのない部分ですから。



■拉致被害者蓮池薫の兄、蓮池透さんが元東京電力原子燃料サイクル部部長で福島原発で働いていたのには驚いた。
■蓮池透
新潟県柏崎市出身の技術者、元東京電力原子燃料サイクル部部長。
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)元副代表。1978年に北朝鮮に拉致された蓮池薫の実兄。
1977年東京電力入社。2002年、日本原燃出向。同社燃料製造部副部長。核廃棄物再処理(MOX燃料)プロジェクトを担当。2006年、東京電力原子燃料サイクル部 部長(サイクル技術担当)。2009年夏に退社。


中学の頃、女の英語教師がビートルズのファンで、その人に全くセンスを感じなくて、きっとビートルズというのはセンスがない人が好きになる音楽なんだろうと思っていました。(手塚治虫好きと同じ感覚)今も好きではないです。バッタモノとか胡散臭いのは好きです。











2012-03-25 05:23 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
15年~20年ぐらいづつ。あとはウダウダする。
1904年(明治37年)2月8日 日露戦争

1923年(大正12年)9月1日 関東大震災

1941年(昭和16年)12月8日 日本、英米に宣戦布告(太平洋戦争(大東亜戦争)開戦)

1972年(昭和47年)2月19日浅間山荘事件

1995年(平成7年)1月17日 阪神・淡路大震災
1995年(平成7年)3月20日地下鉄サリン事件

2011年(平成23年)3月11日東日本大震災

【結論】15年ぐらいはデカイ奴(本震)は来ないかも。これからウダウダやって…余震をくり返して…。「忘れてはいけない。忘れてはいけない」とくり返して…。過去は現実から遠ざかりうやむやになる。未来がどうのこうので過去は置き去りになる。
2012-03-24 06:18 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
ブドウジュース後日談
とんでもない偶然が起きた。
奇跡である。
今日はバイト中に、はじめて会った人からブドウジュースを頂いたのだ。

もちろんこのブログを読んでいるはずもなく。
僕が誰かも知らない。

私が話しかけなければ、その人が話す事はない状況なので用意するとかしないの問題ではない。

見知らぬ人からブドウジュースをもらった事は、生まれてこのかた一度もないので、天文学的な確率であろう。(これでもう絶対に宝くじに当たる事はなくなったと思う。買ってないので当たる事はないけど…。)

これがもしも偶然でないとするならば…

人の意識は現実を超えたどこかで繋がっているとしか思えない…。
あの書家の婆さんと僕は、この現実世界では赤の他人であるが…もう一つの世界(霊界?)では近い場所にいるのかもしれない。

今、ポリフェノールとかアントシアニンを摂取せよと霊界がメッセージを送っているのだろう。
2012-03-23 18:44 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
ブドウジュース
最近、やけにブドウジュースばかり飲んでいる。
体がブドウジュースをほしがっているのだ。

ネットで調べてみると僕の体は今善玉コレステロールを増やそうとしていたり、
疲労回復を試みているようだ。


【ぶどう】主成分の糖質の殆んどはブドウ糖と果糖で、体内で無駄なくエネルギーに変わり脳や体の疲労回復に効果があります。栄養素としては含有量は少ないですがミネラル類などをバランスよく含んでいて、皮には抗酸化物質のポリフェノール(色素成分アントシアニン)が豊富に含まれて老化、動脈硬化、がん、心臓病などの予防にも効果が期待されます。

■効果・効用
高血圧の予防、疲労回復、体力の増強、血行促進、整腸・便秘の予防、むくみの予防








2012-03-22 23:57 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
仮想行列
仮装行列

仮想行列

下層行列

斎藤種魚の景色は福島の空気をいっぱいすったモノだ。
人の中にある原始的な景色。それは幸福をあらわすものではない。
逃れられないものである。

もっとも最初期にでてくるのは、その原始的な景色。記憶を投影したもの。

そこから加工や脚色がつけ加えられる。

それによって消えるものもある。


選民思想

貧民思想

土着民思想

腐民思想
2012-03-22 06:37 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
平氏にあらずんば人にあらず。
僕のもっとも古い記憶の一つ(3歳か4歳頃)に、早瀬渡子方面のバスに乗った時のボンネットバスの記憶がある。
(呉市交通局のボンネットバス(Is682)は,昭和43年登録のいすゞ製BXD30型で,昭和60年11月8日まで路線バスとして呉駅前と藤の脇の間(19.1㎞)を走り,その後は貸切バスとして活躍した。)
imageCA3EPZD2.jpg

先日、帰郷して長年利用していた呉市営バスが廃業する事を知った。
長年

呉市交通局のマークはこういう奴だが↓
マーク
マークの周囲のギザギザは9つの『レ』。『9のレ』は呉(くれ)を表している。

背表紙 のコピー
↑『架空』の背表紙にあるマーク。実はこのマーク、僕のもっとも古い記憶の一つである。呉市交通局のマークをモチーフ(ゆかり)にしたものである。
『9のカ』のカクウである。


ondodoramakan.jpg

音戸では現在、大河ドラマのロケ地という事で「平清盛ドラマ館」という展示をしてました。様々な平清盛グッズにはどれもかしこも「平氏にあらずんば人にあらず」と印字されていて、思わず笑ってしまいました。

■最近読んだ面白かった漫画
『信長協奏曲』…戦国時代にタイムスリップした主人公が全く悩む事もなく、未来に帰りたがらないところがよいです。

■Kさんの代わりに、かしゆかの卒業した広島市の牛田小学校に聖地巡礼してきたよ。
2012-03-20 23:19 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
言葉に心はない。
人の心は人の中にある。
言葉にはなく。

心は言葉にできない。
心は伝わらないもの。

肉体の理由。

人の心は人の中にある。
人の心は人の中にある。
人の心は人の中にある。

人の心は人の中にしかない。
人の心は人の中にしかない。
人の心は人の中にしかない。
2012-03-16 01:05 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
反省のない生き方に―都合よき言葉を集めて―
自分に無理を掛けないようにするには
まず、自分を冷静に評価する目をもたなくてはならない。

他人の意見程、無責任で適当なものはない。
他人の言葉は他人の都合によってのものである。
自分の都合に変換できるものではない。
人生における引っ掛け問題のもっともたるものである。

とくに自分を気持ちよくさせてくれる言葉には注意しなければならない。

それ程の人間ではない事は、目の前にある現実が証明している。

その現実からの飛躍した発想は
妄想と捉えてまず間違いないだろう。

他人と比較ばかりしている人間は
自意識を持ってない事を表明しているだけだ。

僕たちはイキナリ月にはいけないし
想像以上に時間が掛かる
せめてその覚悟ぐらいなければ話にならない。
月に着いたところでなにもない。
そのぐらいの覚悟は必要だ。

あり得る話か、あり得ない話か
…せめてその位予測できる力を持っていなきゃ…

期待して興奮して疲労する
その繰り返し。

考えるのははじまり方でなくおわり方。
はじまり方考えてる奴はおわる奴。



どうにもならんなら

自分にできる事をしていくしかないじゃないか。
大した事はできないさ。
大した人間ではないんだから。

人間の性格は絶対に変わらない。
生まれた時に決定している。
環境によっても変わらない。
絶対に変わらない。
いかなる状況に遭遇しようとも変わらない。
絶対に変わらない。
表に出たり裏に隠れたりしてるだけ。
性格においては成長と言う言葉も当てはまらない。

積み上げていくしかない。

ピンチはチャンスではない。
発想は現実から逃げ出したくて飛躍したくなるだけ。

積み上げていくしかない。
積み上げた経験だけが性格を払拭させる。
(もちろん積み上げたもんを崩せば元に戻る)

自分にできる事しかできない。
それは他人が関心を持つ事のない事だろう。
大した人ではないのだから。

頼った分だけ落ちぶれてゆく。
すでにそれだけ落ちぶれている。

すでにそれだけ落ちぶれている。
人生はその分終わっている。
2012-03-16 00:39 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
時代は昭和。
妹がお好み焼き屋をしている夢を見る。

深夜1時。客のふりをして店を覗きにいく自分。
意外に繁盛していて驚く。
客が誰も酒を呑んでないので、売り上げ自体はそれ程でもないように思う。みんなだまって黙々と食べている。
(夢の中の自分の知識では、飲食店はビール(酒)の利益率が高く、食べ物だけでは利益にならないという不文律がある。)

店に入って妹に客のふりをして挨拶をするが、戸を閉めるのを忘れていた事にきづいて、急いで戸を締める。

席に座ると隣の客に
「お兄さんは何の仕事をしてる人や?」と聞かれ
「アルバイトです。」と応える。
さっき玄関の戸を開けっ放しにしたので、マナーわかってない人と思われたのかもしれない。

妹に営業時間を聞くと深夜一時半から深夜三時五十分までだそうで、その時間帯が眠れないのでお好み焼屋を始めたという。また、その時間帯はどこも店が開いてないので客が結構くるそうだ。

お好み焼を焼いてもらい食べたが…味が薄い…というか全く味がしない。
ソースの味さえしなかった。
妹にその感想を伝えようかともおもったが、とりあえず繁盛しているので、その必要はないかとも思い言うのはやめた。

「明日の昼ご飯にしんさい」
妹は小さ目のお好み焼きも焼いてくれた。


■アマゾンの「幼年クラブ」一冊売れていました。誰か分かりませんが買ってくださった方ありがとう。
2012-03-14 01:22 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
自然は無知だ
足並みを揃える必然性は絶対にない。

真実と立ち向かう行為は必ず、地位や身分を落とす行為である。
地位や身分を落とす行為を〈立ち上がる〉という。
地位も身分もないものに〈立ち上がる〉という言葉は妥当ではない。

地位も身分もないものに〈立ち上がる〉という言葉は該当しない。

地位も身分が保障された〈立ち上がる〉という言葉は偽善である。

誰でも一度は〈立ち上がる〉事はできる。
しかし二度立ち上がる事は不可能。
〈立ち上がる〉場所はない。

もう一度くり返す。
地位も身分にもマイナス影響のない行為を〈立ち上がる〉とはいえない。

『〈立ち上がり〉を見分ける方法』より
2012-03-13 00:44 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
311→1年(大日本大震災から)
■斎藤種魚氏と会えなくなって一年が過ぎた。


自然は善人も悪人も関係なく皆殺しにする。
人間も真似をして善人も悪人も関係なく皆殺しにするシステムを作った。


物語とは、親子・兄弟の話の事である。

死ぐらいは空の方に拡散してゆく感じであってほしい。


死はきっと生きてきた中でもっとも肉体の重さを感じる時だろう。

今年は満たされない想いを満たす行為について考えたい。


「華麗なる一族」面白かった。

山陽特殊製鋼倒産事件 がモデルで阪神銀行は合併、合併で三井住友銀行という名前らしい。




見失ったものに対して…
2012-03-11 19:16 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
おもえません
ハジマリがあるものには必ずオワリがあると思えるけれど
ナニカのオワリがナニカのハジマリだとは
どうしても思えない。

輪廻というのは人間の都合ででっちあげた感覚。


永遠もハジマリもないけれどオワリはある。
2012-03-09 01:44 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
終わりを考える。



はじまりを考えるのは人間の奢りである。

お調子者の宿命を見る。
2012-03-09 00:53 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
最近買ったもの
ジグソウル
①リーボック ZIGSOUL
最近、バイクで転んで左足がバイクの下敷きになりました。大した事はなかったんですが左足の親指の爪がどうも死んでしまったようです。それもあってバイト用に靴を買いました。丈夫な靴で履き心地は悪かったのですが2,3日で靴がなじんできました。機能としましては下のジグザグの部分が、かかと着地時の衝撃を推進力に変換するしうで、少し勢いをつけて走ると加速して急に止まれなくなります。「反則?」ってキャッチコピーだそうです。ABCマートで8900円でした。靴のサイズが普通の靴と違うみたいで27.5を履いています。普段は26.5.それでもきつい感じもしました。

山田照明
②山田照明 Z-LIGHT Z-108 B
少しでも明るい未来がくるように、可動式アームスタンドを買いました。3900円でした。「究極のスタンド」を目指して「Z」の文字が冠されたそうですがシンプルながら相当しっかりした作りをしています。かなりかっこいいし実用的です。上下でずれた場所を挟んでいるため付属クランプの性能が悪いともいわれてますが、実際使ってみるとかなりしっかり固定されています。以前買った可動式アームスタンドはクランプがプラスチック製でかなり締め付けが弱く最悪でした。プラスチック製のクランプの可動式アームスタンドは結構そこらじゅうに売っているので気を付けた方がよいです。





2012-03-08 23:55 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
甘き死よ来たれ
希望ブーム
笑顔ブーム
応援ブーム

必ず何も変わらない。

2012-03-08 00:26 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
かんなぎの聖地
今日のNHKでアニメの聖地というような特集をしていたので調べたら「かんなぎ」の聖地は大変な事になっていました。





検索中に見つけたいい曲
釈迦芽依子「淡いとり」



↓寒気のする歌。見るとわかりますがこのアニメは言葉に表しにくい寒気が全編からします。(聖地 鴨川)
2012-03-07 23:21 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
本当はみんな普通の人だよってさ
『家政婦のミタ』を全話見た。七話まではミタさんがドラえもんのようで…他のみんなはノビタ君のようで面白かったのだが…周りの人間が執拗にミタさんの過去を知りたがりはじめて、ミタさんが作り話のような(作り話だが…)過去を語り始めて一挙に面白くなくなった。そこら辺から視聴率はうなぎのぼりだったのだから正しいのであろうが…謎は謎のままの方が楽しい。種明かしは哲学テキな方が楽しい。どんどん俗っぽくなっていった。つかみどころのない『古畑任三朗』で良かったのにな。

本当はみんな普通の人だよって事で安心するのかな。




■これから〈お笑いブーム〉がくるかもしれない。
2012-03-06 03:59 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
タミーナルドグマ
夢で不思議な青年とあった。
彼が言うには夢の中にはタミーナルドグマという場所があって、すべての出来事が記されているというのだ。

私「確かに夢というのは記憶の断片が組み替えられた出来事のようには思ってはいたが…」
私2「過去だけではありません」
私「未来もそこにあるのか?」
私2「そうです。」

私 「君はなぜ私なのか?」
私2「夢というのはタミーナルドグマへの通路を塞ぐ要塞です。あなたの記憶を持つものしか入れないのです。」
私 「つまり夢が過去の記憶の断片からなりたっていたのは、そこに私のタミーナルドグマがあったからなのか」
私2「そうです。実は今あなたのタミーナルドグマが大変な事態になってまして、私は今そこに向かっている途中なのです。」

私は彼と一緒に私のタミーナルドグマに向かった。その時初めて夢の中にタミーナルドグマへの通路がある事も知った。

タミーナルドグマは何かの工場などの施設のようだった。門には警備員がいたが退職後に再雇用された老人で、すんなり施設に入る事ができた。途中小人が銃で威嚇射撃をしてきたが彼が銃で撃ち殺した。

私 「見つかったんじゃないか?」
私2「大丈夫。もし発見されたら、赤文字でALERTが点滅する仕組みだ。」

私2は次々と小人たちを銃殺していったが麻酔銃なので死ぬわけではないらしい。途中、黄色文字でCAUTIONの文字が点灯したが、発見されたわけではないそうであった。

タミーナルドグマにたどり着くと大きな釜の中に私に関する出来事がカセットになってならんでいた。カセットにはすべて同じ番号が書き込まれていたが、その中の幾つかが全く違う番号であった。

私2「やっぱり…誰かがあなたの未来をすりかえています。」
私 「え?いったい誰が?」
私2「わかりません」

私「あ…あ…」
私2「どうしたんですか?」
私 「大変だ…目が…目が醒める…」

私2「タミーナルドグマの通路が塞がってきてるのかもしれません。」
私 「どうしよう」
私2「現実で目覚まし時計がなってるのかもしれません。目覚めたらいつものように自転車にのって通勤してください。」
私 「わかった」
2012-03-05 23:47 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
All Rights Reserved 西野空男. Copyright (C) 2007 西野空男&高田馬場つげ義春研究会.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。